FC2ブログ
 
環境にも体にも心にも優しい、 インテリアをはじめとした居住空間のご提案です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電化製品をはじめ、癒し系Goodsによく使われている
“マイナスイオン”
でも実際、マイナスイオンってなんなんだろう?
ってある日ふと思いまして…(苦笑)
ちょこっと調べてみました


マイナスイオンって?

マイナスイオンって、結論から言うとその実態は謎です
化学的には「陰イオン」とか「負イオン」などと呼ばれ、
このように?定義されているようです↓

O2-(H2O)n 
CO4-(H2O)n 
NO2-(H2O)n 
NH4-(H2O)n


“マイナスイオン”という呼び方、
実は日本独自の呼び名なんだそうです。

マイナスイオンは、空気中に含まれる
ほんの僅かな電気を帯びた、原子や分子の事だそうです。
マイナスイオンに対抗して、プラスイオンもあり、
どちらも、我々の周りに存在するものなのだそうです。

地球の内部から出ている放射線や、
宇宙空間に存在する高エネルギ-の放射線、
世界中のどこかで発生している落雷などが、
空気中の物質を
「プラスイオン」と「マイナスイオン」に
分けてしまうと考えられています。

他に、滝や噴水などの水しぶきの多い場所で、
水が激しく砕ける時に発生するらしいです。

マイナスイオンとプラスイオンは、
最初は同じ量で発生します。
しかしマイナスイオンは、
大気中の電気の影響で、上空へ運ばれやすいために、
我々の周りには、プラスイオンが多くなってしまうそう。

あと、工場の排煙や車の排気ガスなどの汚れた空気には、
プラスイオンが多く含まれるために、
プラスイオンだらけになってしまうのだそうです。

マイナスイオンの研究は、
ドイツやロシア始めいろんな国で、
100年前から始まっていたそうです。

日本でも、1930年代から、
大学などの研究機関で行われていたそうです。
元々、大気の研究をしているうちに発見されたんだそう。

1999年ごろからマスコミに頻繁に登場しはじめ、
今ではすっかり定着してるみたいです。


マイナスイオンの作用

身体の細胞に力を与え、自律神経系や運動神経系の調節、
熟睡、疲労回復などの作用があるそうです。

(例) 
ストレス、高血圧、食欲増進、気管支喘息、安眠作用など。

その他、肉・魚・野菜などの鮮度保持や、
空気中のチリ・ホコリを除去する作用があるのだそうです。

参考までに…
プラスイオンは、血圧上昇、不快感、
不眠、頭痛などを引き起こすのだそう


え~ひと通り調べてみたんですが、
医学的に良い結果が報告されているケースもあり、
胡散臭い報告もありって感じで、
賛否両論なんですよね…。

以前、マイナスイオンを研究なさってる方と
お話する機会があったのですが、

マイナスイオンに関して、
良いとかインチキだとか言う前に、
マイナスイオン発生器等を適切に使用しているかが
問題だとおっしゃっていました。
その方いわく、室内の容積などに対してマイナスイオンの発生数が
適切でないケースが多々あるとの事でした。

まだまだ未解明な点が多い“マイナスイオン”ですが
今後も研究が続いていくにつれ、
具体的な作用等もハッキリしていくかと思いますんで、
私としては頭ごなしに否定する事なく、
長い目で見守っていきたいな♪と思っています。
マイナスイオンドライヤーとか…実際使ってみて、
「何かいいかも」なんて思う製品もありますしね。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zakkatosumai.blog25.fc2.com/tb.php/14-b76df5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。