FC2ブログ
 
環境にも体にも心にも優しい、 インテリアをはじめとした居住空間のご提案です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
‘柿渋’って皆様、ご存知でしょうか?
昔から、塗料や染料に用いられていたもので、
防水・防腐・防臭などの効果があるものなんです。

例えば、このような風呂桶や椅子など…
化学物質を含まれていない、エコロジーな塗料ですよね。

我が家で温泉!毎日のお風呂が楽しみになる柿渋の湯桶と腰掛セット




あとは、このタオルように、布の染料とか…
和服や雑貨などの布モノ全般の染料に使われています。

【□】柿渋染ウオッシュタオル1P 柿渋石鹸2P NFK1100S★0701-point★ ポイント5倍! 7/3・23:59まで



そうそう、このタオルのギフトセットに入っている
石鹸、柿渋入りなんですよ。
このように、柿渋は化粧品にも使われているのです。
それから、このようなサプリまであるんですよ。

柿渋カプセル 【送料無料】


柿渋のタンニンって、ポリフェノールがいっぱいなんですょね。
ポリフェノールといえば抗酸化作用の高い物質で有名ですし

柿渋のタンニンは、ポリフェノールが豊富なんですよね。
ポリフェノールは抗酸化作用の高い物質で、
体に良いなんていわれていますよね。

このようにいろんな用途がある‘柿渋’ですが、
意外と簡単に作れるものらしいです。
実は私の家には大きな柿の木がありまして、
この夏、枝が伸び過ぎ、
電線にかかってしまったので切りました所、
まだ赤くならない柿の実がたくさん取れてしまい、
食べるにもまだ食べれないですし…
それでは柿渋でも作ってみようかという事で、
作ってみたんです。


材料は青い柿の実と水、量は適当ですね。

柿渋材料


まずは柿の実をつぶしていきます。

柿の実を潰す


つぶした柿の実に水をひたひたになるまで加え、
これを一週間寝かせていきます。

水を加える


一週間後に、ザルなどで漉し、
空のペットボトル等に詰め、
一年以上寝かせれば完成になります。
そうそう、最初に柿からとった渋を
“一番渋”というそうですよ。

一番渋を漉した後の柿の実に再び水を加え、
これをまた一週間寝かせますと、
もう一度‘柿渋’が取れます。
これを“二番渋”というそうです。

二番渋も一番渋同様、一週間寝かせた後に漉し、
ペットボトル等に詰め、一年以上寝かせていきます。
簡単なんですが、時間がかかりますね。

和小物の手工芸をやっている知人に、

「柿渋って知ってる?」

と尋ねてみた所、

「柿渋、使ってるよ~!」

なんて言ってました。
知人は古布(古い着物生地)を使った
和小物を製作しているのですが、
布を染め直したり、あとはオブジェなど、
木などを使ったちょっと大きな飾り物の
仕上げ(ニスがわり?)に使ったりも
しているようですね。

さて、一年後に出来た柿渋、私は何に使おうかしら…
来年考える事にしようかな(笑)
というか、一年後にまともに出来ているのか
今はそれが心配ですがw

柿渋製品もさることながら、
柿渋そのものもこのように市販されています↓

ターナー 国内産純天然100% 無臭柿渋 1L



わざわざ名前に“無臭”って
入れて売ってるという事は…
柿渋って相当臭うものなんでしょうか?
作ってから気付きました。。。
防臭効果があるハズなんですが…???

心なしか不安ではありますが、
これも一年後に考えようかな(苦笑)






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zakkatosumai.blog25.fc2.com/tb.php/23-8feaa5b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。