FC2ブログ
 
環境にも体にも心にも優しい、 インテリアをはじめとした居住空間のご提案です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、テレビや新聞などで
「サブプライムローン問題」という言葉をよく聞きます。
時々、ニュース解説などで説明してたりしますが、
見てもあまりよくわからないことが多く
気になったのでいろいろ調べてみました。

結局、私が経済オンチな事もあり
よくは分からなかったのですが、
どうやらこのブログのテーマである
「住まい」に関係することだということだけは分かりました。

ということで、ちょっと「覚え書き」程度に書いてみます。
間違いが多々あると思いますが、
どうぞその辺はご勘弁というか、
どうかお手柔らかにお願いいたしますm(_ _)m



そもそもサブプライムローンとは、
アメリカのローン会社で行っている
収入の少ない人向けの「住宅ローン」のひとつです。

何年か前、アメリカでは景気が良く、
住宅がとても良く売れました。

その時に収入の少ない人達がよく利用してたのが、
「サブプライムローン」なんです。
サブプライムローンは、
借りた人が万が一返済できなかった場合を考慮して、
通常のローンよりも利息が多いのが特徴でした。

さらにローン会社は、サブプライムローンを
返済してもらえなくて損をしたくないので、
「サブプライム証券」(債権みたいなものかな?)
を発行しました。

「うちのローン会社は、超儲かってるから、
この証券を買っておけば、
配当金がいっぱい来ると思いますよ♪」

って感じの証明書ですね。
これを発行して、世界中の証券会社や銀行に売り、
それを世界中の‘株やってる人達’が、買いました。

でも…

サブプライムローンって、
収入の少ない人でも借りれる代わりに、
どうやら利息が高いらしいんですよね。
確か、最初は利息が少なくて、
支払いの途中のある時期から
ドン!って感じに上がるんだったかな?

で、利息が上がり過ぎてしまって、
ローンを払えなくなった人が続出しました。
それと同時に、住宅も売れなくなってきました。

住宅会社は、住宅が売れないと困ってしまいますから、
住宅の値下げをはじめました。

そこで困ったのが、サブプライムローンの支払いで、
首が回らなくなっていた人達です。
かつて自分達が買った住宅の価値が下がってしまったので、
売却しても借金が返済できなくなってしまいました。
極端な話、家はないわ、借金は残るわ…って状態です

そんなのを見ちゃったら、
借金してまで住宅を買いたいって人は減ってしまいますよね。

サブプライムローンの売上は激減殮
世界中に発行していた、
「サブプライムローン証券」の利息も払えなくなり、
回収できないローンが基となっている証券なんて価値が無い!
ってことで、証券の価格が急落しました。

サブプライム証券を買った、
世界中の証券会社や銀行は大打撃です。
住宅や不動産の価格も下落したこともあり、
先行きの不安から、世界中の市場の株も落ち目に…。

世界中の証券会社や銀行は、
サブプライム証券で損をした分を、なんとか取り返そうと、
手持ちの株を売却して、資金回収にあてようとしました。

この、資金回収に必死になっていた証券会社や銀行ですが、
その中にはもちろん、日本の金融機関もいるわけです。

株を売る人達が増えてしまったことにより、
世界中の株の値段が、下がってしまいました。。。

・売る人>買う人  値段が下がる

・売る人<買う人  値段が上がる


ここで自分自身への「おさらい」なんですが(あほだな自分)
株を売ると何で株価が下がるんだっけ?
って思って考えてみたら、
いわゆる「市場の原理」なんですよね

学校で習ったはずなんですが…記憶が(←おバカ)

考えてみたら、売る人が多いと、値下げ競争が起きますよね。
在庫あとわずか!なんて状況で、買う人の方が多かったら、

「高くても売れるんぢゃね?」

みたいに、値段が上がったりしますよね。
…なんて勝手に解釈しちゃいましたが

一応、知り合いで詳しい方に聞いてみたら、
こんな見解でしたよ↓

株価は市場参加者の需要と供給で決まります。

ある会社に悪いニュースが流れた時、
その会社の株を持っている人は、
株価が下がるのは目に見えているので、
一刻も早くなるべく高い値段で売ろとします。
(売る人:多)

でも、悪いニュースが流れた会社の株を
買おうとする人はそんなに居ません。
(買う人:少)

買うのであれば、それなりに安くなって
「いくらなんでもこれなら安過ぎるだろ」
という所まで下がった時。

よって、売りたい人は売却価格を下げるしかなく、
ズルズルと株価は下がっていく訳です。
株価が上がるのはその逆。



さて、サブプライムローンの焦げ付きがきっかけとなって悪化した
アメリカの景気の影響は、日本にモロに反応してしまうのだそう
ちなみに現在の日本株の市場は、
外国人投資家(世界中の証券会社や銀行)の割合が
非常に高いそうで(3~4割?)

「日本もヤバくね?」

ってことで、持っていた日本の株も売却して、
資金回収に動いてるのだそう
そうなると、日本の株価はますます下がる一方なんですよね…

結局「サブプライム問題」って、こういうことらしいです…。
(あんまりうまく書けなくてスミマセン)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zakkatosumai.blog25.fc2.com/tb.php/32-fa1121c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。